KRYTAC新機種をいち早くレビュー! 前編

KRYTAC新機種をいち早くレビュー! 前編

KRYTACの新機種をいち早くレビューしちゃいます!

今回は前編ということでTRIDENTシリーズのニューモデルをご紹介!



KRYTAC TRIDENT Mk2 CRB M-lok


KRYTAC TRIDENT Mk2 SPR M-lok


KRYTAC TRIDENT 47 SPR M-lok

今回、この三機種にM-lokモデルが追加されました!

TR47はハンドガードがSPRモデルと同じレングスのものを採用しており、CRBモデルとの違いもより明確になりましたね。

まずは特徴的なハンドガードから見ていきましょう!

最大の変更点はなんといってもM-lokホールが搭載されていること。

流線形を思わせるラインと合わせて、スリムな外見です。

ハンドガード上部はホールが設けられており、剛性を損なわずに軽量化を実現しています。

レイル横のQDホールや大型化されたバリケードストップなど、各所の役割が明確に分かり易く、よりアグレッシブに。

ハンドガード側面にはKRISS社のパーツブランド、DEFIANCEの文字が刻印されています。

レシーバーですが、僅かな変更点が二つほど。(Mk2シリーズのみの変更点で、TR47のレシーバーには変更点はありませんでした。)

一つ目はフォワードアシストノブにDEFIANCEの印字がされていること!

ボタンに直接印字が為されているのは珍しいですね。

二つ目はフレームロックピンのネジが変わっていること。

これは仕様上の変更ではなく、デザインの意匠変更の為だそう。

確かに先のボタンボルトのものよりもかっちり纏まっていますね。

サイトはDEFIANCEのフリップアップサイトに変更。

これはKRISSの実銃でも用いられているもので、つまり実物パーツ!

デフォルトで実物パーツが付いているとは、何とも豪華ですね!

フラッシュハイダーは黒く塗装がされており、アウターバレルと一体感が出ています。



KRYTAC電動ガン本体 TRIDENT Mk2 CRB-M

58,104円

KRYTAC電動ガン本体 TRIDENT Mk2 SPR-M

59,184円

KRYTAC電動ガン本体 TRIDENT 47 SPR-M

59,184円

→後半に続きます!

コラムカテゴリの最新記事