モロ☆コラム|ガチ初心者が89式カスタムに挑戦!東京マルイガスブロ89式小銃の内部チューン!!

モロ☆コラム|ガチ初心者が89式カスタムに挑戦!東京マルイガスブロ89式小銃の内部チューン!!

89式ガスブローバックをカスタム!

ホビージャパン社発行のアームズマガジンでも

連載されているライターのモロ☆氏による、

89式ガスブローバックのカスタム

についてのコラムです!是非参考に!!


まだまだ人気沸騰中の89式小銃GBB

やはりね、日本人による日本人のための小銃と言える89式、それはそれは使いやすいですよね。

M4系の人気はもちろんなんですが、この89式も未だその熱冷めやらず!

現時点(2018年9月)では発売されてからそこそこ経過していますが、それでもまだまだ引く手あまた!

すっかり人気モデルとなっているわけでございます。

その理由は、先ほども申し上げた使いやすさだけでなく、高い命中精度やガツガツくる反動、リアルなメカやフィーリングなど、

とてもわかりやすい魅力に満ち溢れているからと言えるでしょう。

さて、そんな魅力たっぷりの89式なんですが、やはりM4系と比べるとチューニングベースというイメージは少々薄いのではないかな?と思うのです。

そこで今回は、内部に手を入れてみることにいたしましょう。

今回使用するのは

東京マルイガスブローバックM4A1MWS/89式小銃インナーバレル250ミリ

 


ワイドユース・エアシールチャンバーパッキン

 


ハイバレットバルブNEO”R”

この三つです。

ガスブロとしては、非常にベーシックな内容と言える組み合わせですね。

そして、ただただ組み込む記事を製作するのは面白くない!というわけで、

ガチの初心者の方をお呼びいたしました!!


「なんだよ?」
SWANSゴーグルの回で大活躍!匿名希望さんです!(以下匿名さん)

この方こう見えてめっちゃ初心者さんなんです。

むしろ、この日が初めて本格的にエアガンに触れる機会であったとか。

では、早速持ってもらいましょう。

「どれどれ・・・」

「おう、結構ずっしりクルじゃねぇか」

なかなか好評のようですね。

それでは、今度は撃ってもらいましょうか!

「結構、反動クルね!」
初めて撃つ匿名さん!

その眼差しは真剣そのもの!

そして結構楽しいみたいだ!

しかぁし!今回は撃つだけじゃダメなんです!

分解して、チューンしてもらいますよ!!


「これを俺が、これから分解する・・・だと・・・?」

「一体こいつぁ、何がどうなってるんだ?」

まぁそりゃそうですよね。

いきなり分解しろってのもかなり無茶な話です。

というわけで。


ライラクスのYouTubeチャンネル動画を見て勉強する匿名さん。

記事を書いておいてこんなこと言うのもなんですが、、、、

動画、分かりやすい!!!

分解される際は是非ともご参考になさってください。

やっぱり写真とは情報量が大違い!

 

※今回匿名さんに見て頂いた動画はコチラです→
初心者でもできる!東京マルイ ガスブローバック 89式5.56mm小銃 適合パーツ組み込み手順例

 

 

それでは早速!

まずはハンドガードに手をかける匿名さん。

動画をご覧いただくとお分かりかと思いますが、89式はガスブローバックに限らず長モノの中では、

かなりインナーバレルに到達しやすいモデルと言えるでしょう。

匿名さんもあっさりハンドガード外して

バレル基部のネジに着手!

ねじをはずしたら、今度はレシーバーピンを外します。

表情はもちろん真剣そのもの!

レシーバーピンを抜き去って、アウターバレルを抜き取ると、、、

はい、もう出てきましたねインナーバレル。

チャンバーユニットと共に銃本体からバレルが外れます。


「こらどう違うんだぃ?」
・・・まぁ確かに、見た目ではわかりづらいかも・・・

内径が違うから、弾速とか当てやすさとかが変わってくるんですよ!


「こいつもそうか?」
おお、ご明察!

BB弾にとってスタート位置になるチャンバーパッキンです。

今回はハードタイプを使用してみました。

ホップ調整はノーマルより少々センシティブですが、安定した弾道や抜弾抵抗による初速アップが期待できるアイテムです。

まずはインナーバレルにチャンバーを組み込み、


ノーマルの先端に付いているゴムのOリングを外し


新しい方のバレルに組み付けます。

実に小さなリングですが、実は重要な役割を担っています。

アウターバレル内でのガタつきを抑えて、インナーバレルのセンターを出してくれます。

忘れがちだけど要注意!

さらに、組み込み時に少しシリコンスプレーを塗布すると、組み込みがやりやすくなります。

バレル周りが終わったら、今度はバルブです。

匿名さん、張り切る!

アウターバレルと同じく、まずは六角ネジを外してマガジンの底板を外します。


すると!スプリングやガイドがバイーンと飛び出す!

これには匿名さんもびっくり!

そして、この後のマガジンの行程は、写真撮れませんでした。

と言うのも、わたくしモロ☆が組んじゃったからなんですね。

なぜなら、結構大変だったのです。

ガスブローバックガンのマガジンは構造が複雑になりがちです。

ピンやら小さなスプリングやら、奥まったバルブにハンマーのエネルギーを伝えるわけで、

そのため、インナーバレルのようにスムーズにはいきませんでした。

マガジン部分に関しては、先述の動画をよくよくご覧いただき、ゆっくり確実に作業していただきたいなと思います。

さてさて、全て元どおりに組み直せば完成です!

途中作業にチートはあったものの、そのほかはガチでやっていただきました!

それでは早速、撃っていただきましょう!

「うおお!全然ちがーーーーう!」
匿名さんでも分かるその差!

発射音やリコイルショックなど、全体的な底上げが図られている印象です。

では、フィーリング以外の部分はどうでしょうか?

そんなわけで、弾速を測ってみました!

【ノーマル】

83.1
82.89
83.31
81.50
83,79
84.67
82.4
84.13
81.54
83.12

【カスタム】

94.52
92.29
93.91
92.1
93.75
93.21
91.72
93.14
92.66
93.85

ご覧のように、明らかに弾速が向上しました!

ただ、このままだと弾速が高すぎて、使えないサバイバルゲームフィールドもあるかもしれません。

その場合はハイバレットバルブNEOの開口部を減らし、パワーを調整しましょう。

また、それによってガスの放出量を減らせるので、寒い時期などより安定した動作が期待できます。

色々と難しそうなイメージのある内部カスタムですが、動画によって随分と楽になった印象です。

分解が進まなくなった時や組み立てがわからなくなった時など、この動画は強力にサポートしてくれることでしょう。

 

【Photo&Text:モロ☆ Model:匿名希望】


『LayLax official channel』では、今回のカスタム動画以外にも商品の紹介やエアガンへの取り付け方法、エアガンの分解手順など
サバゲーライフにとっても役立つ動画を更新中です!

LayLax Official channnel

モロ☆カテゴリの最新記事